079-288-6616
10:00~18:00(定休日:火・水曜日)

明石縮(市松崩し/撫子色×紅掛空色)

友だち追加
  • 明石縮(市松崩し/撫子色×紅掛空色)
  • 明石縮(市松崩し/撫子色×紅掛空色)
  • 明石縮(市松崩し/撫子色×紅掛空色)
  • 明石縮(市松崩し/撫子色×紅掛空色)
  • 明石縮(市松崩し/撫子色×紅掛空色)
  品切れ

明石縮(市松崩し/撫子色×紅掛空色)

ポイント 0 ポイント
素材 絹100%
サイズ 長さ/12.5m
幅/1尺0寸0分(約38cm)
備考1
備考2 ※湯通し済み
※縮防止の為ガード加工をお選び下さい。

仕立て有無選択《紬/単衣・夏》

ガード加工有無選択《紬》

数量

ご質問ご相談はお気軽にお問い合わせください

 
かつて、兵庫県の明石で織られていたといういわれから名付けられた明石縮。
織物派にも柔らかもの派にもご好評のこちらの明石縮、布の表情はというと、いわばお召のような感覚でしょうか。
ジャンルで分けると織物ですから、程良い張り感や着やすさ、肌離れのよさもキープしつつ、柔らかものの艶や布面のドレープ感もお楽しみいただけるお着物なのです。
この織元の作る明石縮の風合いはとても柔らかく、弊店お勧めの夏織物の一つとして、毎年ご好評をいただいております。
 
本作品は、明石縮(市松崩し/象牙色)のお色違い。
なのに、受ける印象は違いますね。
象牙色の明石縮は、鳥の子色地に、緑味を帯びた白藍色と梅鼠色の二色が寄り添い流れるような立涌で市松崩しを織り上げた、シックでクール。
そして、本品は、透き通った柔らかいパステルカラーの色合いをお楽しみいただける、はんなりとした優しい、市松崩しなのです。
 
反物全体に織り上げられた明石縮の特徴的な織地紋”蝉の羽”と称されるモアレのような文様の美しさに、市松崩しのお色が重なり合って、奥行きのある、表情豊かな布面を魅せてくれます。
軽やかに爽やかに、お召しいただけることでしょう。
 
ご着用の目安は6月から9月まで。
控えめな透け感ですから、5月早々のお単衣時期にもお勧めです。
気の張るお席からプライベートなお出かけまで、帯の合わせ方次第で幅広いシーンにどうぞ。
 
 
明石縮(市松崩し)
 
明石縮(市松崩し)
 
明石縮(市松崩し)
 
 
 
明石縮(市松崩し)
 
 
 
明石縮(市松崩し)
 
PAGE TOP