染名古屋帯(インドネシア古渡更紗/紬地) 野口 

呉服専門店えり新、着物と帯・和装小物販売通販

会員登録はこちら
会

員様ポイントご優待プログラムのご案内
 
Amazon Pay(アマゾンペイ)
既会員様IDとAmazonアカウントとの連携について
 
 
ご注文の流

れ
 
ご購入前の現物確認
 
 
よくある質

問(Q&A・

FAQ)
お客様の

声
メディア掲載
インスタグラム
 
着

物
夏着物・浴

衣
羽織りもの・長

襦袢
袋帯・名古屋帯・半幅帯
帯締め・帯留め・三分紐・羽織紐・道中着紐
帯揚げ
履

物・バッ

グ
半衿・重ね衿・髪飾り・かんざし
着物まわり(下着・足袋・風呂敷・便利小物)
既掲

載品のお誂

え
  • 旬のお勧めコーディネイト
  • 特選
  • 御誂
  • フォトメモリーズ
  • 着心地ご案内
   
ギフト包装(奉書&水引細工)
家庭画報特撰『きものSalon 2022-2023年秋冬号』掲載のお知らせ。
家庭画報特撰 『きものSalon 2022-2023年秋冬号』
p.13 で、浅田真央さんが、弊店の摺り友禅小紋(大洋花文)を、p.89 では、上戸彩さんが、弊店の士乎路紬(片身替わり/格子と縞)をご着装くださいました。
▶摺り友禅小紋の記事については、こちらの『ブログ』をご覧下さい。
▶士乎路紬の記事については、こちらの『ブログ』をご覧下さい。
2022年 12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
定休日(毎週火曜日 及び 第1・第3水曜日)・冬期休業日
2023年 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
定休日(毎週火曜日・水曜日)・冬期休業日
友だち追加

お問い合わせは
えり新公式LINEでも
 

ホーム > 袋帯・名古屋帯・半幅帯 > 名古屋帯(染め) > 染名古屋帯(インドネシア古渡更紗/紬地)

< 前のページに戻る


染名古屋帯(インドネシア古渡更紗/紬地)

染名古屋帯(インドネシア古渡更紗/紬地) 染名古屋帯(インドネシア古渡更紗/紬地) 染名古屋帯(インドネシア古渡更紗/紬地) 染名古屋帯(インドネシア古渡更紗/紬地) 染名古屋帯(インドネシア古渡更紗/紬地) 染名古屋帯(インドネシア古渡更紗/紬地) 染名古屋帯(インドネシア古渡更紗/紬地)
染名古屋帯(インドネシア古渡更紗/紬地) 染名古屋帯(インドネシア古渡更紗/紬地) 染名古屋帯(インドネシア古渡更紗/紬地) 染名古屋帯(インドネシア古渡更紗/紬地) 染名古屋帯(インドネシア古渡更紗/紬地)
染名古屋帯(インドネシア古渡更紗/紬地) 染名古屋帯(インドネシア古渡更紗/紬地)
画像を拡大する
価格 円(税込)
ポイント 1,800 ポイント
素材 絹100%
サイズ
備考1 野口
備考2 2022年11月18日発売の「美しいキモノ 2022年冬号」p.90に掲載。

購入数

増や

す

減らす

つ 
 
 
かごに入れる

お電話でも承ります。
   
  • お気に入りリスト

  • 友達にすすめる

  • 商品についての問い合わせ
 
江戸時代にかけて、渡来した更紗裂を総称して「古渡更紗」と呼びますが、こちらはインドネシア伝来の古渡更紗裂の文様から想を得て創られたそう。
 
地色は、僅かに緑味を帯びたクリーム色”蒸栗色”の紬地です。
 
作品を創る時、まず描きたい文様に対して、どの帯地を選ぶかは大きなポイントとなるのですが、高級品を染め出す染匠で定評のあるやや厚手の紬地に、引き染めにより得られた地色はとても綺麗。
地色の深みが違いますね。
 
瑠璃色に支子色のインドネシアの文様も、しっくりと深く馴染んでいて、素敵なのです。
この文様はウズ? それとも太陽、なのでしょうか。
暖かく力強いエネルギーに満ちた文様は意味を知らずともお洒落ですよね。
 
例え同じような柄の帯があったとしても、創り方により、得られる印象は全く違います。
さすが野口さん。素敵です。
 
お洒落着に。
 
 
染名古屋帯(インドネシア古渡更紗/紬地)
▲ 写真は、未仕立て状態です。 お仕立て時に、芯を入れて両脇約5分(約1.9cm)ずつ縫い込みます。
染名古屋帯(インドネシア古渡更紗/紬地)


 
染名古屋帯(インドネシア古渡更紗/紬地)


 
染名古屋帯(インドネシア古渡更紗/紬地)


 
染名古屋帯(インドネシア古渡更紗/紬地)
▲ お太鼓と前(腹)の柄。
染名古屋帯(インドネシア古渡更紗/紬地)
▲ 前(腹)の柄。
染名古屋帯(インドネシア古渡更紗/紬地)