明石縮(四色石畳文/錫色と撫子色の濃淡暈かし)  

呉服専門店えり新、着物と帯・和装小物販売通販

会員登録はこちら
会

員様ポイントご優待プログラムのご案内
 
Amazon Pay(アマゾンペイ)
既会員様IDとAmazonアカウントとの連携について
 
 
ご注文の流

れ
 
ご購入前の現物確認
 
【ご購入前の現物確認】只今、往復の送料無料でお届けいたします。(30,000円〔税抜〕以上の商品)
 
よくある質

問(Q&A・

FAQ)
お客様の

声
メディア掲載
インスタグラム
 
着

物
夏着物・浴

衣
羽織りもの・長

襦袢
袋帯・名古屋帯・半幅帯
帯締め・帯留め・三分紐・羽織紐・道中着紐
帯揚げ
履

物・バッ

グ
半衿・重ね衿・髪飾り・かんざし
着物まわり(下着・足袋・風呂敷・便利小物)
既掲

載品のお誂

え
  • 旬のお勧めコーディネイト
  • 特選
  • 御誂
  • フォトメモリーズ
  • 着心地ご案内
   
ギフト包装(奉書&水引細工)
『美しいキモノ2021年夏号』掲載のお知らせ。
『美しいキモノ2021年夏号』
p.45とp.49に弊店の明石縮が掲載されました。
家庭画報特撰『きものSalon 2021春夏号』掲載のお知らせ。
家庭画報特撰 『きものSalon 2021春夏号』
○「常磐貴子さん クラシックホテルへ きもの旅」常磐貴子さんが弊店の着物と帯を着装してくださっています。(5ページの着物、6ページの袋帯) ○「35才からのきものデビュー」(59ページ、61ページ) ○『今着てほしい うちの逸品』(158ページ)コーディネート2点
が掲載されました。
2021年 06月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
今日
定休日(毎週火曜日 及び 第1・第3水曜日)
2021年 07月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
定休日(毎週火曜日 及び 第1・第3水曜日)
友だち追加

お問い合わせは
えり新公式LINEでも
 

ホーム > 夏の染物・織物・小千谷縮・竺仙浴衣・大正友禅等 浴衣 > 夏の織物 > 明石縮(四色石畳文/錫色と撫子色の濃淡暈かし)

< 前のページに戻る



明石縮(四色石畳文/錫色と撫子色の濃淡暈かし)

明石縮(四色石畳文/錫色と撫子色の濃淡暈かし) 明石縮(四色石畳文/錫色と撫子色の濃淡暈かし) 明石縮(四色石畳文/錫色と撫子色の濃淡暈かし) 明石縮(四色石畳文/錫色と撫子色の濃淡暈かし) 明石縮(四色石畳文/錫色と撫子色の濃淡暈かし) 明石縮(四色石畳文/錫色と撫子色の濃淡暈かし) 明石縮(四色石畳文/錫色と撫子色の濃淡暈かし) 明石縮(四色石畳文/錫色と撫子色の濃淡暈かし) 明石縮(四色石畳文/錫色と撫子色の濃淡暈かし) 明石縮(四色石畳文/錫色と撫子色の濃淡暈かし)
明石縮(四色石畳文/錫色と撫子色の濃淡暈かし) 明石縮(四色石畳文/錫色と撫子色の濃淡暈かし) 明石縮(四色石畳文/錫色と撫子色の濃淡暈かし) 明石縮(四色石畳文/錫色と撫子色の濃淡暈かし) 明石縮(四色石畳文/錫色と撫子色の濃淡暈かし)
明石縮(四色石畳文/錫色と撫子色の濃淡暈かし) 明石縮(四色石畳文/錫色と撫子色の濃淡暈かし) 明石縮(四色石畳文/錫色と撫子色の濃淡暈かし) 明石縮(四色石畳文/錫色と撫子色の濃淡暈かし) 明石縮(四色石畳文/錫色と撫子色の濃淡暈かし)
画像を拡大する
価格 円(税込)
ポイント 1,450 ポイント
素材 絹100%
サイズ 長さ/12.5m(反物状態で)※現在仮絵羽(未仕立て)となっております。
幅/1尺0寸0分(約38cm)
備考1
備考2

購入数

増や

す

減らす

つ 
 
 
かごに入れる

お電話でも承ります。
   
  • お気に入りリスト

  • 友達にすすめる

  • 商品についての問い合わせ
 
※本品は、2021年5月20日発売の「美しいキモノ夏号」p.45・p.49 に掲載されました。
 
かつて、兵庫県の明石で織られていたといういわれから名付けられた明石縮。
ジャンルで分けると紬、縮ですから、程良い張り感や着やすさをキープしつつ、柔らかものの艶や布面のドレープ感”垂れもの感覚”をもお楽しみいただけるという、とてもご着用シーンの幅広いお着物なのです。
 
この度ご紹介いたしますのは、別ページ掲載の鳥の子色の市松崩し象牙色の市松崩しと柄の設計配置は同じですが、暈かしの濃淡差を更に強調し、色数多く四色格子のように、よりエレガントに、華やかに織り上げた作品です。
 
綺麗な透明感。
透き通った柔らかい色合いは、金平糖の嬉しさと似ていませんか。
明石縮独特の”蝉の羽根”と評されるモアレ織り、波筬のような文様が、浅葱鼠や灰青色に映るグレイ”錫色”と、鴇色や石竹色に映るピンク”撫子色”の濃淡暈かし石畳柄と合わさって、奥行きのある、表情豊かな布面を魅せてくれます。
ピンクを着たい(でも)グレイだとシック(けどお地味?)と悩みがちな気持をすっと解きほぐしてくれる、絶妙な配色で織り上げて下さいました。
 
ご着用の目安は6月から9月まで。
単衣の季節が長くなってまいりましたから、5月や10月にも活躍しそうですね。
気の張るお席からプライベートなお出かけまで、帯の合わせ方次第で幅広いシーンにどうぞ。
 
お求めいただきやすいお値段ですが、どうぞご安心くださいませ。
お値段以上のクオリティでございますし、弊店夏の定番として様々な柄を長く頂戴しており、お客様にご好評でございます。
 
 
明石縮(四色石畳文/錫色と撫子色の濃淡暈かし)
 
 
 
 
 
紗九寸織名古屋帯とのコーディネート例
コーディネート例の詳細は、こちらをご覧ください。
2021年「美しいキモノ夏号」p.45 に掲載されました。
2021年「美しいキモノ夏号」p.45・p.49 に掲載されました