『旬のお勧めコーディネイト』
 
焦茶色の菊池洋守八丈織に正倉院文様の袋帯を
八丈織(菊池洋守・作/まるまなこ織)に袋帯(正倉院鳥華文)  
 

秋冬のお色合い、お感じいただけましたでしょうか。 圧倒的な美しさを誇る菊池洋守氏の八丈織。 この度は焦茶色の八丈織に、大人の赤が映える正倉院文様の袋帯を合わせ御紹介いたしました。綾竹台遠州組の帯締めで、着物や帯に適う力を。 帯揚げは裏面の洗朱色が覗く為、赤みを帯びた白茶色の帯揚げで。 あらゆる盛装シーンにどうぞ。

 
  詳しくはこちら